兼松接骨院 味美白山院 (春日井市 味美白山町)                      「帰り道 笑顔になれる 接骨院」 | 日記 | 寒さと痛みの関係

急患の方はサービスメニューより受付可!!厚労省国家資格、NPO法人東洋医学推進協会交通事故専門治療院

Top >  日記 > 寒さと痛みの関係

兼松接骨院 味美白山院 (春日井市 味美白山町)                      「帰り道 笑顔になれる 接骨院」 の日記

寒さと痛みの関係

2017.01.24

時々雪がちらつき風が吹くと肌を突き刺すような寒さについ身体を丸くしてしまいます。今週はこの寒さが続くのでしょうか?

そんな中ご来院頂いた患者さんに感謝致します。道も所々氷が覇っているようなので、転倒に気をつけていただきたいと思います。

寒さを感じると筋肉が収縮して熱を発しようとする働きが無意識に働きます。自律神経の交感神経が優位に働き、自律神経の乱れが生じます。(自律神経には交感神経と副交感神経があります)

神経には閾値と言われるボーダーラインがあり、このラインを超えると活動電位が働きます。個人差はありますが痛みを強く感じる人もいるのです。

ちなみに交感神経が優位になると、胃の働きが悪くなります。慢性的な冷え性の方はこのような状態にあり、更に助長されると考えられます。

当院で行う治療はマイクロカレント療法を取り入れ、自律神経を整える効果もありますので治療後多くの患者さんの痛みの改善が見られます。

それでは自宅で出来る改善法としては、やはり正しい入浴法でしょう。

目安としては41度未満の温度で入るのがいいと思います。(ただし42度以上ですとヒートショックプロテインの働きで美肌効果があると言われますが、血圧が上昇します)

そして出る前に膝から下に冷水をかけるとしばらく足がポカポカしますよ。お薦めです。

強い痛みがある方は早めにご来院下さい。
交通事故治療・ムチ打ち・腰痛ならお任せ下さい!
春日井市味美白山町 兼松接骨院                                    ご相談・ご意見はこちら
エキテンはこちら

日記一覧へ戻る

【PR】  GRADO グラード  松屋クリーニング  坂本内科クリニック  上杉国際株式会社  Salon de Momily